こいのぼり、ひな人形、五月人形 お子さまの健やかな成長を願う気持ちを込めて… 伝統と技術を活かして素材選びから仕上がりまでこだわりまし
          た

お雛道具について

雛人形を引き立てるのに欠かせないのが、お雛道具です。
お雛道具は雛祭りになくてはならないものであり、それぞれに名称や意味があります。

桜橘(さくらたちばな)

桜橘(さくらたちばな)

桜橘は、京都御所の「左近の桜」と「右近の橘」を表した飾りだとされています。左近の桜、右近の橘は、ともに天皇陛下から見た左右となっているため、向かって左にあるのが橘、右にあるのが桜です。

毛氈(もうせん)

お雛様の必需品であり、七段飾りの敷物や雛人形の下に敷かれて使用されているのが毛氈です。

なかでも七段飾りの敷物の毛氈は、その緋色から緋毛氈(ひもうせん)とも呼ばれています。緋色は生命力を意味しており、風水では幸運・金運を招く色として有名です。

また、毛氈の裾模様は繧繝(うんげん)模様と呼ばれるもので、紅・青・緑・紫などの色が多く用いられています。

屏風(びょうぶ)

屏風は、平安時代の住環境において風除けといった重要な役割を果たしていました。
親王(男雛・女雛)の後ろに飾られており、金の屏風が主流です。近年では、金屏風の他にも木製の屏風や漆器で作られた屏風、絵柄入りの屏風など様々な種類の屏風があります。

菱餅(ひしもち)

菱餅は、赤・白・緑の色を重ねて作っているものが一般的です。
菱餅の由来は諸説ありますが、一説によると菱餅の赤・白・緑の三色は、健康・魔よけ・清浄の意味が込められているようです。赤は桃の花、白は純白の雪、緑は草萌える大地の象徴と言われています。現在では赤・白・緑の三段重ねの他にも四段重ねや五段重ねなど、様々な色彩の菱餅があります。

埼玉で雛人形を販売

埼玉を拠点とする当社では、表情、衣装、御道具にいたるまでこだわった雛人形の販売を行っています。
小さくても完成度の高い親王飾り三段飾りなどを幅広く取り揃えており、マンションなどで飾った後の収納スペースにお困りの方にもおすすめの、コンパクトな雛人形もございます。また、価格や間口など様々な条件から雛人形を検索することができますので、雛人形をお探しの方は当社をぜひご利用ください。

ひな人形・こいのぼりの販売【東旭株式会社】 / 埼玉 概要

会社名 東旭株式会社
所在地 〒361-0016 埼玉県行田市藤原町1丁目6-1
電話番号 048(556)4551
URL http://www.tokyoku.co.jp
説明 ひな人形、こいのぼりや五月人形を販売する【東旭株式会社】。日本一を誇る雛人形・鯉のぼりの産地、埼玉県からお求めやすい値段・価格にてご提供しております。
日本
都道府県 埼玉県
市区町村 行田市藤原町

コンテンツ

ひな人形の豆知識
こいのぼりの矢車と吹き流しが持つ意味
五月人形の飾り方
お雛道具について
鯉のぼりの飾り方

ひな人形の飾り方の種類
端午の節句の食べ物
五月人形の種類
雛人形のお手入れ
端午の節句の知識