こいのぼり、ひな人形、五月人形 お子さまの健やかな成長を願う気持ちを込めて… 伝統と技術を活かして素材選びから仕上がりまでこだわりまし
          た

鯉のぼりの飾り方

端午の節句が近づくと、空の下を元気に鯉のぼりが泳ぎます。
しかし、いつからいつまで鯉のぼりを飾っていいのかいまいち分からないという方は多いのではないでしょうか。
こちらでは、鯉のぼりの飾り方についてご紹介します。

飾るのはいつから?

飾るのはいつから?

鯉のぼりを飾り始める時期は特に決まってはいませんが、春分を過ぎてから4月中旬までにかざるのが良いとされています。

また、鯉のぼりを飾る前には、天気を気にかけておきましょう。
鯉のぼりを飾るうえで、風が心地よく吹いている晴天の日が理想です。風が全くないとせっかくの鯉のぼりが泳がないですし、強風が吹いていると鯉のぼりにかかる抵抗が強くなってしまいます。

しまう時期

しまう時期

鯉のぼりは一般的に、5月の連休や中旬ぐらいにしまう方が多いようです。雛人形の場合はしまうのが遅いと結婚が遅れると言われていますが、鯉のぼりの場合は特にいつまでにしまわないといけない決まりはありません。

ただ、雨が降ると片付けるのが大変になりますので、梅雨に入る前の天気がよい日を選んで片付けることをおすすめします。

汚れを見つけたら、しっかりと洗って落とした後に乾燥させてから片付けるようにしましょう。

ベランダに飾る際のポイント

マンションやアパートにお住まいで、鯉のぼりをベランダに飾るという方もいらっしゃいます。
鯉のぼりをベランダに飾る際は、お隣や上下階のベランダに入り込まないように両端ではなく真ん中に取り付けるようにしましょう。金具と手すりの間に隙間がある際は、布などをはさんで隙間を無くすことで鯉のぼりのポールがずれるのを防ぐことができます。

また、鯉のぼりを元気に泳がせるには、ポールを斜めにしてベランダから鯉のぼりが顔を出すようにすると良いです。斜めにすると鯉のぼりのなかに風が通りやすくなるため、元気に泳がせることができます。

埼玉で鯉のぼりを販売

当社では、生地やデザインが豊富でお手ごろな値段の鯉のぼりを多数取り揃えております。
品質にこだわった当社の鯉のぼりは、価格以上に満足していただける仕上がりになっています。埼玉で鯉のぼりを販売する会社をお探しでしたら、当社をぜひご利用ください。

ひな人形・こいのぼりの販売【東旭株式会社】 / 埼玉 概要

会社名 東旭株式会社
所在地 〒361-0016 埼玉県行田市藤原町1丁目6-1
電話番号 048(556)4551
URL http://www.tokyoku.co.jp
説明 ひな人形、こいのぼりや五月人形を販売する【東旭株式会社】。日本一を誇る雛人形・鯉のぼりの産地、埼玉県からお求めやすい値段・価格にてご提供しております。
日本
都道府県 埼玉県
市区町村 行田市藤原町

コンテンツ

ひな人形の豆知識
こいのぼりの矢車と吹き流しが持つ意味
五月人形の飾り方
お雛道具について
鯉のぼりの飾り方

ひな人形の飾り方の種類
端午の節句の食べ物
五月人形の種類
雛人形のお手入れ
端午の節句の知識