こいのぼり、ひな人形、五月人形 お子さまの健やかな成長を願う気持ちを込めて… 伝統と技術を活かして素材選びから仕上がりまでこだわりまし
          た

端午の節句の食べ物

5月5日の端午の節句には、男の子の健やかな成長を願って粽(ちまき)や柏餅(かしわもち)、赤飯などの料理を食べる風習があります。端午の節句に食べられる料理には、それぞれどのような意味や由来があるのでしょうか。

粽(ちまき)

粽(ちまき)

粽は、平安時代に中国から日本に伝わったものです。
端午の節句に粽が食べられるようになった由来は、古代中国の政治家にあるとされています。

昔、楚の国には屈原(くつげん)という名の政治家がいました。
屈原は大変な働き者であり、正義感と国を思う情が強いことから、多くの人から人望を集めていました。

しかし、陰謀により失脚を余儀なくされ、失意のまま5月5日に川へ身を投じてしまいます。屈原の死を悲しんだ人々は、5月5日に粽の起源となる食べ物を川に投げて供えるようになり、これがきっかけで中国では5月5日に粽を食べて災いをさける風習が生まれます。

中国では古くから粽は邪気を祓うものとされており、「災いを避ける」という意味を持っています。それが日本に伝わり、5月5日には粽を食べ男の子の安全を願うようになりました。

柏餅(かしわもち)

柏餅(かしわもち)

柏餅を端午の節句に食べるのは、中国から伝わった粽と違って日本で生まれた独自の風習です。柏餅を包む「柏」は神聖な木とされており、古くから大切に扱われてきました。

柏の古い葉は新芽が成長しないと落ちないことから、「子が産まれ大きく育つまで親は死なない」という伝えがあり、柏は血筋が途絶えない子孫繁栄の象徴として考えられてきたのです。

関東と関西の違い

端午の節句に食べる料理としては、関西は粽、関東は柏餅が主流となっていますが、これは地域性と関わりがあります。粽が中国から日本に伝わったのは奈良時代であり、その当時日本の都は関西にあったため、粽を食べる習慣は関西に根付いたとされています。一方、柏餅は江戸時代の江戸で誕生したお菓子です。

そのため、江戸に近かった関東地方で柏餅を食べる習慣が根付いているとされています。

埼玉でこいのぼりを豊富に販売しております

端午の節句のお祝いには欠かせないこいのぼりをお探しの方は、埼玉にある当社をぜひご利用ください。
当社では、価格以上にご満足いただける品質の高いこいのぼりを、お求めやすい値段にてご提供しております。マンションやアパートにお住まいでも取り付けられる、ベランダタイプのこいのぼりなど豊富な種類のこいのぼりを販売しております。

ひな人形・こいのぼりの販売【東旭株式会社】 / 埼玉 概要

会社名 東旭株式会社
所在地 〒361-0016 埼玉県行田市藤原町1丁目6-1
電話番号 048(556)4551
URL http://www.tokyoku.co.jp
説明 ひな人形、こいのぼりや五月人形を販売する【東旭株式会社】。日本一を誇る雛人形・鯉のぼりの産地、埼玉県からお求めやすい値段・価格にてご提供しております。
日本
都道府県 埼玉県
市区町村 行田市藤原町

コンテンツ

ひな人形の豆知識
こいのぼりの矢車と吹き流しが持つ意味
五月人形の飾り方
お雛道具について
鯉のぼりの飾り方

ひな人形の飾り方の種類
端午の節句の食べ物
五月人形の種類
雛人形のお手入れ
端午の節句の知識