こいのぼり、ひな人形、五月人形 お子さまの健やかな成長を願う気持ちを込めて… 伝統と技術を活かして素材選びから仕上がりまでこだわりまし
          た

雛人形のお手入れ

ひな祭りになくてはならない雛人形。雛人形は繊細ですので、綺麗な状態を保つためにはお手入れが欠かせません。お手入れをして大切に保管することで、衣装の虫食いやカビの発生を防げます。繊細な雛人形は扱い方に十分注意し、きちんとお手入れを行いましょう。

雛人形を扱う時

雛人形を扱う時

雛人形を扱う前は手を綺麗に洗い、清潔な手で雛人形を扱いましょう。白さが特徴の雛人形の顔は、特に汚れが目立ちやすくデリケートですので、手袋を使用するなどして雛人形の顔には直接手を触れないようにします。

また、持ち上げる際に手や袖口を持ってしまうと型崩れの原因になりますので、持ち上げる際は片手で胴体を持ち、もう片手で下から支えるようにして持ってください。

ほこりや汚れの落とし方

ほこりや汚れの落とし方

雛人形にほこりがついたままにしていると、カビが発生したり虫を呼んでしまう恐れがあります。それらを防ぐために、お人形専用のハタキと毛筆を使用してほこりをはらいましょう。

最初にハタキを使用して大まかなほこりを落とした後、顔や手、髪飾りなど細かい部分は毛筆などを使用してきちんとほこりを落とします。

また、ついてしまった汚れは、やわらかく清潔な布を使用して拭き取りましょう。丁寧に作業を行わないと汚れがさらに広がってしまうこともありますので、不安な場合は前もって専門店に相談するのがおすすめです。

顔のお手入れ方法

手で顔を触らないように注意しながら、毛筆や綿棒で軽くなぞるようにしてほこりをとり、ガーゼなど乾いたやわらかい布で拭くようにしましょう。保管する際は、和紙やティッシュペーパーを長方形に折って、雛人形の顔を軽く巻くようにします。この時、紙は端同士をねじって固定するか、顔や髪にテープが付かないよう注意しながら背中側でテープ留めをしてください。

雛人形をお求めやすい価格で

親王飾り三段飾りなど雛人形をお探しの際は、当社をぜひご利用ください。
埼玉にある当社では、親王飾りや三段飾りの雛人形など、コンパクトで収納しやすいながらも完成度の高い雛人形や、華麗できらびやかな七段飾りの雛人形をお求めやすい価格にてご提供しております。

ひな人形・こいのぼりの販売【東旭株式会社】 / 埼玉 概要

会社名 東旭株式会社
所在地 〒361-0016 埼玉県行田市藤原町1丁目6-1
電話番号 048(556)4551
URL http://www.tokyoku.co.jp
説明 ひな人形、こいのぼりや五月人形を販売する【東旭株式会社】。日本一を誇る雛人形・鯉のぼりの産地、埼玉県からお求めやすい値段・価格にてご提供しております。
日本
都道府県 埼玉県
市区町村 行田市藤原町

コンテンツ

ひな人形の豆知識
こいのぼりの矢車と吹き流しが持つ意味
五月人形の飾り方
お雛道具について
鯉のぼりの飾り方

ひな人形の飾り方の種類
端午の節句の食べ物
五月人形の種類
雛人形のお手入れ
端午の節句の知識